毛深いのがコンプレックス。

「毛深い」というコンプレックス

他の女性友達より、毛深い私。いつも、悩んでいた。
風呂上がりに自分の素肌を改めてみると、毛深い。

 

「どうせ私なんかダメ。ファッションも楽しめないまま過ごしていくんだ」

 

 

 

そんな事、思ったことありませんか?
私、あります。

 

 

 

 

大学生の夏。大好きだった彼氏の何気ない一言。

 

 

「女性なのに意外と毛が濃いもんだね」と言われてしまったのです。。

 

 

その日を境に、外見コンプレックス&自己価値ゼロ人間になった私。

 

 

その口癖は「どうせ私なんか・・」

 

 

デートの日には、とびっきりのおしゃれをしようと思っても、心の奥底で

 

 

「どうせ私なんかに似合いっこない」「私は普通の女の子のような服はきれいないんだ」

 

 

「どうせ私なんか女の魅力なんて0なんだ」とまさに自己価値ゼロだったのです。

 

 

「私に何ができる」
「私に残せるものは何かあるんか」
「同級生のあの子は結婚もして、子供も授かっている」
「30代、独身、彼氏もいなきゃ、資格もない。貯金もない。」
「そんな私に、何がある?」
「今の私に何ができる?」
「もう20代前半じゃない。今から私は何ができる?」 

 

 

友人とあった後の帰り道に、自問自答。
32歳、独身、彼氏なし、貯金なし、資格なし。
そう、資格も無ければ正社員で働いた事もない。

 

 

派遣で働く地味な女。

 

 

「何か打開したい!」と思っても、

 

 

現実は会社と家の往復でした。

 

 

同じ時間に電車に乗り、同じ時間に帰宅して寝る。
普通の生活ができるのに、何も変わらなくてヤキモキしてたんです。

 

 

友人と会った事で再確認しました。

 

 

それは「このまま普通に過ごしていても何にも変わらない」って事。

 

 

私にはスペシャルがないんです。

 

 

これが得意です!これが飛びぬけて好きです!とか

 

 

誰にでもあるとされる「特別なもの」が何もなかったんです。

 

 

普通なだけなんです。

 

 

何か特技とか熱中できるものを持っている人が羨ましくて、

 

 

勉強ができる友達と自分を比べては「どうせ私には、おとなしくて前に出ることなんてきっこない」と落ち込んで、みんなの注目を浴びる人気者の友達を見ては「どうせ私は誰からも好きになってもらえない」と

 

 

一歩を踏み出す勇気がありませんでした。

 

 

「どうせ私は何もない、可愛くもないし、なんの取柄もないダメ人間」

 

 

勝手に一人で人と比べては落ち込む事を繰り返しの日々。
どうして、私なんかと一緒に居るの?

 

 

「私は誰からも愛されない」「私はコンプレックスを抱えた女」

 

 

「どうせ私なんか生きてる価値なんてない、幸せなんて訪れっこない!」一時は死ぬことさえ考えていたくらい、つらい思いをしました。

 

 

自分の殻に閉じこもった「悲劇のヒロイン」だったのです。

 

 

 

【私、変わりたい!】

 

コンプレックスから逃げていた私。
長年、心の奥底に持っていた、「毛深い」というコンプレックスに正面から向き合おう。
前向きに向き合って、突破しよう!

 

 

でも、何をどうしていいかわからず、

 

 

とにかく「変わりたい、もっと明るく生きたい」っていう想いだけでした。

 

 

そんな時、カフェで自然と耳に入った女子大生の会話。

 

 

「脱毛サロン」

 

 

それを聞いて「そんな方法があったのか!」
一筋の光が私を照らしてくれたような気持でした。

 

 

「それよりも、お前がこんな事やるなんて」と批判されるんじゃないかと、
とても怖くなりました。
今までの、古かった自分が私を

 

でも、「このままじゃダメだ」「何かやりたい」という想いが勝って

 

脱毛サロンのリサーチを始めたんです。

 

リサーチをするたびに、気づき、学ぶことがありました。

 

 

そんな中、私はある人に「何でこういう活動してるのかが見えない。」

 

 

「まずは、カウンセリングとかに行ってみることなんじゃないの?」

 

 

と言われ、 自分自身で深く考え込んでいました。

 

 

相手に答えを求めてるつもりはありませんでしたが、
知らない間に、後回していたのです。

 

「行きたい!でも、今はちょっとな。」と

 

 

 

【運命を変えた二つの出会い】
そんな時、会社の1大行事の歓迎コンパに参加する機会がありました。

 

毛深い。。コンプレックスを持った私。毛深いのが悩み。

 

 

そんな中で、いつもはカラミのない部署の男性の「佐々木」さん。
とご一緒したのです。

 

 

まったく、カラミのない方でどんな方かも検討も尽きませんでした。
でも、私をしているうちに「自分の悩みを前向きに向き合って、1つ1つ克服しているアツい人」だというのが見えてきました。

 

 

この時、忘れかけていた大切な目的を思い出したのです。

 

 

「私、このままじゃダメだ!後回しにしていたままじゃ駄目だったんだ!」

 

「私だけのスペシャルが欲しい」

 

 

それからは、脱毛サロンにホントに行こう!自分のコンプレックスを少しでも克服して、前向きな人になろう!

 

 

そんな時、Facebookの投稿をきっかけに仙場さんという女性と知り合ったのです。

 

 

仙場さんは元脱毛サロン勤務のエステティシャンでした。

 

 

Facebookのやりとりを通じて

 

 

「是非この人に会わなきゃいけない!」と思い、お互いに休みが合う日曜日に新宿で会い食事をご一緒しました。

 

 

そこで一言

 

 

「脱毛サロンは、無料カウンセリングで来る人の半分はとっても緊張してくるんですよ笑」

 

 

「無料カウンセリングでは、そういった緊張しているお客さんの緊張もほぐしながらカウンセリングをしているんで、サロン側からしたらいつものことなんです笑」

 

 

そっか。私だけ、緊張しているだけだったんだ。な〜んだ。

 

 

拍子抜けでした。自分の殻に閉じこもって、前に踏み出せずにいた私にポンと肩をたたいてくれた仙場さん。

 

 

【いざ、往年のコンプレックスと勝負】

 

 

往年のコンプレックスだった、毛深い自分と闘う舞台は整いました。

 

 

いざ、脱毛サロンへ。無料カウンセリングへ。

 

 

どうせ私なんてと、前に出れない自分を越える時がやってきました。

 

 

 

気になっていた、脱毛サロンにネット予約。

 

 

店舗を選択して、希望日時と時間帯を選択して登録。

 

 

登録したメールアドレスに、予約確認のメールが届く。

 

 

「来週の日曜日の13時で決まり!」

 

 

いつものネットショッピングと同じ流れ。
この普通の登録をするまでに、どれだけ時間がかかったことか。

 

 

これまで、できていなかった事ができた瞬間。
自分は、挑戦しているんだと、嬉しさが自然とこみあげてきた。

 

 

 

誰かになる必要なんてない。

 

 

自分は自分のままでいい。

 

 

ただ、小さいことでも1歩1歩踏み出せばいい。

 

 

「人が一人の人である事」

 

 

どうせ私なんて・・。と自分の殻に閉じこもってる人
自分に自信が持てない人。自分の事が嫌いな人。
年を取るごとに自分の弱みを克服していく人。

 

 

いろんなことが、頭をぐるぐると。

 

 

 

【私なんかと思っている人へ】

 

 

【少しの勇気で人生は変わる】

 

 

『いっぱい人と出会って。いっぱい相談をする』

 

 

失敗は悪い事じゃないんです。
失敗は次へのステップなんです。
何もしない、後回しにして時間ばかりが過ぎていくのが一番ダメなんです。

 

 

『失敗は最高の宝物』

 

 

 

どうせ私なんてというコンプレックスを卒業し

 

 

「やるだけやってみよう。」

 

 

と真逆の発想で行動をする事にしたんです。

 

 

アクションを起こすのが不安だったり、もうちょっと後でいいんじゃないかなとしり込みもしていました。
不安で心がモンモンとしたり、怖くてブルーになった時ももちろんあります。

 

 

でも、行動した分だけ、

 

 

自分の中の殻を破った分だけ、自分の力となって返ってくるんです。

 

 

『行動しなければ人生変わらない』

 

 

 

 「自分」が今、ここにいる。

 

 

 普通に、当たり前に、目の前に自分が積み上げてきた現実がある。

 

 

 「人生変えたい」って思うなら、

 

 

 お腹の奥底に秘めていた、コンプレックスを変えたいと思うなら。

 

 

 自分の弱さに真正面から向き合うことからはじめてみませんか?

 

 

 

 少しずず、変えていくだけでいいんです。

 

 

 楽しいプラスの側面だけではなく、ブルーになったりするマイナスの側面もちゃんと向き合う。

 

 

 光も影も全て自分自身なんだから。

 

 

 

 

【私の伝えたいこと】

 

 

「自分には価値がある」

 

 

 人は誰でも「生きているだけで価値がある」んです。

 

 

自分だって、楽しんで他の女の子と同じように楽しんだっていいんです。

 

 

 

産まれるって事は、
ご先祖様がいて、お父さん、お母さんが居ないと産まれません。
そして、お腹の中に居たとしても、お母さんが「産む」ていう決断をしないと
産まれられないんです。生きることができないんです。

 

 

その決断と覚悟は、時には自分を犠牲にする覚悟も必要になります。

 

 

大好きだったグルメが楽しめなくなるかもしれません。今まで通りに、生活できなくなるかもしれません。

 

 

これまでの生活も、遊びも、夢も、全て。
それでも、産んで育てる決断をした、父と母がいたからこそなんです。、

 

 

 

どうか、自分の価値をそんなに低く見ないで。

 

 

 

それだけで「生きているだけで価値がある」そう感じませんか。

 

 

私は少し前まで女としての価値なんてないんだと思って生きてきました。
何をしていても、笑顔で私の話を聞いてくれたお母さん。

 

 

私が生まれてくる前から、お腹の中にいる時から
ずっと、ずっと、愛されてました。

 

 

そんな大切な命が自分自身だという事を

 

 

たくさんの人に知ってほしい。忘れないで欲しい。
心から想います。

 

 

どうか、自分の価値をそんなに低く見ないで。

 

 

 

 
http://www.justtesttoolkits.com/ http://www.lakotahosting.com/ http://www.link24-info.com/ http://www.jennahazeporn.info/ http://www.maruhashikensetsu.com/ http://www.passiveincomeinfo.com/ http://www.zdcqlawbj.com/ http://www.dalian-designcity.com/ http://www.thepowerpanda.com/ http://www.small-business-secrets.com/ http://www.beeradv.com/ http://www.nintendo-room.com/ http://www.china-cartridge.com/ http://www.daveschalkboard.com/ http://www.viralnooglasevanje.com/ http://www.whxykyk18.com/ http://www.chinawhem.com/ http://www.wonderdogentertainment.com/ http://www.droitenenfer.com/ http://www.vpshostingpricing.com/